適当に投稿。転載するダメです。

手術した

 

そういうわけで入院2日目。明日で退院。着座厳禁で起立と歩行も制限、基本は寝たきり。寝たきりのせいで血圧が上がらなくて無限睡眠編。

 

それはそれとして、昨日が初手術で面白かったので忘れないうちにメモとして残しておこうと思う。

 

 

病院に着いたのは8時半過ぎ。予約の時間は半ちょうどなので少し遅刻した。自宅最寄りの駅に着いた時目の前で電車が発車してしまったからだ。自分にしては珍しく、起床から出発まで遅刻することなく移動できていたつもりなので、原因は計画ミスか歩行速度がおじいちゃんだったことが考えられる。幸いにも次の電車は3、4分後に来たので問題無し。

 

病院に着いたら妙に急かされた。遅刻したのは自分であるが、それもほんの僅かなので朝はそもそも忙しいのだろう。無職かつ現在利用者の立場である自分とは無縁なので大変そうだと他人事気分。

とりあえず手術の準備として個室病棟?に通され服を普段着から病院で患者が来るアノ服に着替えさせられた、名前が分からないので誰か今度教えて。この時、いつものようにモサモサ着替えてたら3回ほど10秒間隔ほどで催促を受けた、朝は忙しい。装飾品から靴下までパンツ以外の衣類は全て脱ぎ例の服を着た。オタクは装飾品をつけないので助かった(なにが?)

 

ナースの指示に従いベッドに横になると、血圧、血中酸素濃度、体温をそれぞれ測られた。113/63 忘れた 36.5だったと思う。初めて点滴を左腕に挿された。予防接種や献血の針くらいだと思っていたらそんなことはなく痛くて驚いた。その後も腕を捻ったりすると針の位置がずれるせいか、痛みを感じて点滴がなくなるのをまさに一日千秋って気分で眺めてた。30ml/hで挿れろと容器には書かれていたので合計200mlくらいあったのかもしれん。内容量見た時は300とかなってた気がしたんだけど記憶がハッキングされてるのかもね。まあ調整できるみたいだから多少の誤差(100mlも?)あるんだろうね。それと今回初めて知ったんだけど、点滴打つとおしっこよく出るんだね。さされてから2,3時間したら驚くほど高頻度で大量のおしっこが出るの。ナースはそれが普通とのことなので暴行がおかしくなったわけではないらしい。

 

もろもろの準備が終わるとナースは寝たまま移動すると言い、映画やドラマでよく見るような感じでガラガラ移動した。横たわったまま他人を動力に任意の場所まで移動できるのは最高だ。トラバーチン模様の天井を進行方向から後方へ視線を動かしながら移動していると、景色がゲームのように見えてきて不思議な気分になった。あと前から気付いていたけど、あの模様な全部ランダムじゃなくていくつかのパターンがある。今回気づいたのは3パターン。

 

 手術室はスライド式の自動扉でスモークガラスのような見た目をしていた。少しSFチックな印象を受けた。床はモスグリーンのリノリウム?だったと思う。その時間は他の患者の大掛かりな手術があったのか何人もの医療関係者が扉を抜けた一時待機室的なところに詰めており非常に驚いた。はじめは自分のケツについた粉瘤を切除するためだけに10人近いスタッフを用意したのかと驚いたが、周りを見渡すと別の患者が目に入りすぐに自分ではないと気付いた。流石にケツの表面にあるできものを摘出するためだけにそんなに人を置くのはキチガイだと思う。

 

手術を受けたのはいくつかある室の内で最も入り口から遠く左側にあるところだった。大掛かりな手術もする部屋なので異常に広くザ・手術室って感じがした。手術室に入った段階で一度ベッドから降りてうつ伏せの状態になるための寝台?に寝転んだ。固めの台なのに全く痛くなく、むしろフィット感が心地いい不思議な台だった。

手術の準備としてまずされたのが、右腕への血圧計の装着や左人差し指への謎機械(血中酸素測定?)の装着だ。人差し指に機械を取り付けるために使われていたバンドが子供向けなのかかわいい柄でちびっこへの配慮を感じた。救いは大切。

その次にされたのがケツの剃毛。切るためと切った後にはるガーゼを固定するテープをはがすとき痛くないように剃ってもらった。結果としてだいぶ痛くはなかったが、それでも少し毛が引っ張られることがあり痛かった。ちなみに今回のこの病院で一番痛かったのはこのテープをはがすとき。毛が痛い。

患部がよく見えるようにテープで皮膚を引っ張ったり心電図の電極を貼ったりなど、自分はうつぶせで見えなかったが、何か色々準備を終えたところでようやく麻酔の注入。針の長さや太さはわからないが、刺された感じ結構太いことは確か。深手を負うと逆に痛みが鈍化するタイプの痛みだったのでたぶん本当に痛いやつなのだと思う。この麻酔が痛さランキング2位。そして手術室に入ってからここまで30分弱経過している。

 

麻酔というものはすごくて、注入されてからいつ切られたのか全く分からなかった。そもそも感覚が喪失しているという実感すらなかった。縫合をするために皮膚を引っ張られると麻酔が効いていない部分が反応するのでわかるのだが効いているところは全くわからない。

麻酔をしてから手術終わりまでの時間は40分くらい。その間は心電図を見てみたり、血圧計に定期的に圧迫される感覚を楽しんでいた。不思議と40分間退屈はしなかった。心電図は基本的に一定のリズムで音を出しているのだが、どういうわけかたまに不規則な音が鳴る。自分のバイタルの乱れかと思って観察をしていたが、どうもそういうわけではないらしく先生たちも全く気にした様子がない。理由はわからず仕舞いだったので非常に残念だ。

 

書き忘れていたが、この手術室には自分を除いて3人いる。先生と看護師?の2人。手術の終盤、傷を縫っているときに先生と看護師のひとりは女性同士なにかしらの話題で盛り上がっていた。何を話していたのかは聞いていない。もうひとりの男性看護師はなにか忙しそうに動いていた。よくわからないがありがとうございます。

 

縫合が終わってから先生が「けっこうおおきいです」と言って見せてくれた粉瘤は3、4cmほどあって驚いた。個人的には表に出ている1cmくらいの部分を含めて2cmくらいだと思っていたので予想より大きかったです。

 

これで全部終わりまたベッドに転がされて終了となります。

最初は個室に通されましたが、あとで4人部屋に移されてそこで金曜日まで過ごしました。暇でした。

 

以上。

棒状のもの

 

明日から数日間病院に入院します。

つまらないことなのですが初の経験なのでワクワクしますね。いやしないわ。無だし面倒だと思ってる。同じベッドで転がるなら自室のベッドのほうが気持ちいいのは”確定的に明らか”だし。

 

それはそれとして、今回の写真のテーマ?は棒状のものです。まあたまたまそれっぽい棒の写真が何枚か撮れただけなんだけどね。狙ったものではないけど”テーマ”って言っておけばそれっぽいかなって思ったんだけど、どう?いい感じに見えん?俺には見える。

 

 

f:id:coogelu:20210224013628j:plain

f:id:coogelu:20210224013645j:plain

f:id:coogelu:20210224013703j:plain

棒状のもの

 

やっぱりねえ、この写真を見て思うのが超広角は近づいてなんぼだなってことですわね。視界に入るものすべてをドン!と収めるのもいいけど、視界には収まらない近景を強引に入れました!みたいのもいいよね。僕はどちらかといえば後者が好きです。

友達と頻繁に旅行してた時は景色を広く収めるみたいなことをしてたんだけど、そういうこともこのコロナでめっきりなくなったし、スナップとしての超広角はこういうグイグイ寄るのがいいんじゃないかなと思います。

 

あ、それで最近気づいた超天才的ひらめきなんですけど、SONYミラーレスってフルサイズセンサーをトリミングしてAPS-Cとして扱うこともできるじゃないですか。そうすると20mmの超広角が30mm相当になって広角よりの標準レンズになるんですよね。

ずっと35mmが欲しいと考えてたので、少し違うけど念願のものが手に入ったような感じがして少しうれしいです。

 

それと同時に感じるのが150mm以上の望遠レンズが欲しいなってことなんですよね。僕がまだ7Dを使っていて、シグマの150-600mmを使ってた頃の写真をみたらお化けみたいな圧縮しててうらやましくなってしまいました。でもだからといってあの筋トレ専用レンズみたいのを再購入してスナップに使うのにはコスパが非常に悪いので悩みものですよね。結局買ってから数えるほどしか使いませんでしたし。

そう考えると70-200mm f4.0くらいを買ってクロップを使った方がお得だったりするのかな。または100mm macroを買ったりしてクロップとか。う~ん悩ましい。

 

というかそもそも最近はソニーをやめて富士フイルムのX-E4とかX-pro3に行こうかなんて考えてるしね。冷静に考えてみて、あこがれのフルサイズを使えてうれしかったのは最初だけで今となっては少し重いって感じ。

物理的なセンサーサイズに依存する画質の差ってのは付きまとうけど、そんなこと言うなら大判が最強になるし、それよりも機動力上げたい。ドム・ドローペン。

 

あとあと、富士フイルムを考えてる理由は安い変なレンズが多いから。高級なレンズで撮る一枚ってのもいいけど、個人的にはわけのわからないおもちゃで遊ぶのが好きだから、そういうレンズがたくさん出てるカメラを使いたいなって思います。

 

Eマウントレンズはそうなったら売却だよなあ。大手メーカーのレンズじゃないから売るとしたらメルカリとかそういうサイトになるのが、手間がかかって面倒くさい。

 

まあいいや、どうにかなる。

 

以上。

あさんぽはつづくよどこまでも

 

こんばんは、くーげるです。

突然ですが僕の地元はそこそこ歴史が長い土地らしいです。その土地で僕ほどシャッターを切った人間いないだろうと思っている今日この頃。

最近は1週回ってもはや作品としての写真を撮るのをやめて記録としての写真にシフトしようかと考えているところです。このブログを開設してから2019年のオーストラリア日記を除いてほとんどがこの狭い地元の写真だけで完結していることを考えると逆にアリなのではないかと思います。

 

話は変わりますが、このブログを友達の妹が読んでくれているようで写真を少し褒めてくれていたとその兄である友達が教えてくれました。ありがとうございます。

 

 

f:id:coogelu:20210216011531j:plain

f:id:coogelu:20210216013844j:plain

f:id:coogelu:20210216011603j:plain

あさんぽはつづくよどこまでも

 

ここ数回と同じで今回も20mmを使っています。

一応、サムヤン20mmを使ったほかの記事のリンク張っておきます。

 

coogelu.hatenablog.jp

 

たぶん2枚目のミラーの写真が時間帯っぽさを出せてていいんじゃないかと思います。朝なのでまだ空全体に光が回っていない感じが早い時間を感じさせるんじゃないかと思ってます。知らんけど。

にしても画面いっぱいにゴリゴリ入れてる感じが20mmっぽくていいんじゃないかと思う。色味的には3枚目も好きなんだけど20mmを仕えてるのはこのミラーだと思うんですけど、どうですか。

 

以上。

iPhoneの「ショートカット」の使い方② Wi-Fiオフの方法+背面タップの活用法

 

はい

そういうわけで今回はショートカットおすすめな使い方とその作り方を紹介します。

前回の第一回は下にURL貼っておくので、そもそもiPhoneのショートカットとはなんぞという人はそちらをお読みください。

 

coogelu.hatenablog.jp

 

 

で、第二回ということで今回はそんなに難しかったり複雑なショートカットは作成しません。一回のトリガーで一個のアクションという感じでやります。いろいろ組み合わせれば、一回のトリガーでマルチアクションも可能にはなります。IFFTTと組み合わせてやることも可能ですが、そういったことは追々紹介します。

 

 

 

Wi-Fiオフの方法

iOSはかなり前のアプデでコントロールセンターからWi-Fiの完全なオフはできなくなっています。ですのでこれを設定を開かなくてもできるようにしようと思います。ちなみにオンはコントロールセンターからできるのでわざわざ作る必要はありません。

 

 

f:id:coogelu:20210214180913p:plain

まずショートカットアプリを開いたら右上にある+を押します。そうするとこの画面に移ります。この画面から何を行うのかが選べるようになっています。そうしたらアクションを追加を押してください。

 

 

f:id:coogelu:20210214181314j:plain

そうするとこの画面が開きます。この画面はこれからよく見ることになると思います。とりあえずここでは「appおよびアクションを検索」に「Wi-Fi」と入れてください。

 

 

f:id:coogelu:20210214181459p:plain

そうするとこの画面に変わります。今回は一番上の「Wi-Fiを設定」を使用します。今回は使用しませんが三番目の「ネットワークの詳細を取得」も結構便利なコマンドです。

 

 

f:id:coogelu:20210214181722p:plain

f:id:coogelu:20210214181727p:plain

するとこの画面に切り替わるはずです。オンオフはタッチすれば切り替わります。今回はオフにしたいので「Wi-Fiをオフにする」にしておきます。

そしたら「次へ」を押して、このショートカットに名前を付けたら完了です。

ポチッといじればオフにできます。

簡単ですね。

 

 

このシングルアクションの使い方としては、ほかにもよく開くwebのページだけど常に開きっぱなしにしておきたくない場合にも使えます。二枚目の写真の「appおよびアクションを検索」に「safari」と入れればいくつか項目が出てきてその中にある「URLを開く」を選択した後、そのページのURLをコピペすればショートカットの完成です。

 

 

 

背面タップの活用法

はい、そういうことで背面タップの活用方法です。

そもそもこの機能を知らない人のほうが多いんじゃないでしょうか。最近のアプデで追加された機能なので周知されていないと思います。

まずこの機能の説明をしますと、iPhoneの背面を2回または3回叩くと特定の動作をしてくれるショートカットです。その機能にapp「ショートカット」で作成したアクションを割り振れるのでそれを利用しようということです。

 

ここで紹介する使い方は音楽のスキップです。作り方は先ほどのWi-Fiの時と変わらず「appおよびアクションを検索」に「スキップ」と入れれば「順方向にスキップ」が出るはずなので選んでください。ちなみに「逆方向にスキップ」を選べば一曲前に戻ります。「進める」を選ぶと何秒スキップするのかが選べます。

そしたらそのまま何もせず「次へ」を押して名前を適当に付けてください。

 

 

f:id:coogelu:20210214183749p:plain

その後設定を開いて、アクセシビリティに移動します。下のほうにあるタッチに目当ての機能があります。ちなみにさらに下にあるサイドボタンもかなり便利です。僕は色の反転とアクセスガイドを割り振ってます。

 

f:id:coogelu:20210214184031p:plain

タッチの一番下にある「背面タップ」をオンにしてください。

 

f:id:coogelu:20210214184116p:plain

ダブルとトリプルで選べますが僕はトリプルを推奨します。ダブルだとふとしたタイミングで作動してしまいます。

 

f:id:coogelu:20210214184255p:plain

元々iPhoneに備わっている機能一覧の下に「ショートカット」の項目があるのでその中から先ほど作った「スキップ」のアクションを選んで終了です。

 

この機能の難点としては、背面に3回分タップされた振動が伝わると曲を再生していないときでも動作しようとして通知が出るところです。あとは感度がいまいちなこともあるのと、手で保持をしていて且つ画面が点灯しているときしか使えないことです。ロックは解かなくても大丈夫です。

なので、iPhoneをいじりながら曲を聞いてるときにスキップしたくなった場合に使用することがほとんどです。画面が消えていても動作を許可する的なことができればもっと便利なんですけど仕方がありませんね。

 

 

今回は以上です。次はアクションを選択できるやつかマルチアクション?を投稿します。よろしくお願いします。

 

 

以上。

あさんぽつづくよ

 

さて、まだまだ朝散歩の写真は続きますよ。

本当はiPhoneのショートカットに関する記事を書きたいんだけどめんどくさいんだよね。なんか地味にショートカットの記事が受けいいみたいだから書きたいんだけどね。まあ、友達が見ている可能性は濃厚ですが。

 

なぜだか今日はインターネットが重いみたいでアニメも写真のアップロードも全然捗りません。マジで何なんだよ。

 

f:id:coogelu:20210210193158j:plain

ごつごつしてて良い感じかなって。

 

f:id:coogelu:20210210193222j:plain

公衆電話

超広角だからこそできる構図かなって。

 

f:id:coogelu:20210210193253j:plain

バス?

薄暗い時間だからできるブレ。

 

あさんぽつづくよ

 

まあいいか、やろうやろう

これ書いたらとりあえず二回目書くわよ……。

 

そういえばもう使わないEFマウントの50mm f1.8撒き餌レンズを配送しました。

明後日あたりに到着するんじゃないかな。

 

以上。

珍しく朝

 

今回は非常に珍しいですね。朝ですよ、朝。

朝に写真を撮ってきました。まあ起きたわけじゃなくてただゲームしてて気づいたら朝だっただけですけど。

レンズも珍しいことに20mmです。samyang 20mm f1.8でございます。僕が使ってるのはMFなんですけど調べてもなぜかAFしか出てこないんですよね。もしかして幻のMFなのでしょうか。

 

僕がこの20mmをあまり使わないのは単純に苦手だからですね。なんでも映り込みすぎちゃって使いづらいです。

最近は50mmと75mmに飽きてきてしまっていて、散歩コースも同じなので目新しいに欠け撮れるものもなくなってきたので、何かを変えなくてはと思い時間とレンズを変えました。

写真を撮らなくなってきているのもマンネリが原因なのと実力不足を感じておもしろくないからなのでステップアップしないと的な感じですね。

 

このレンズを買って一年半ほどたちますけどレビューとかもしてなかったと思うので、後日してみようかと思います。

 

f:id:coogelu:20210208203418j:plain

f:id:coogelu:20210208203435j:plain

f:id:coogelu:20210208203452j:plain

珍しく朝

二時間半ほどこの日は散歩をしてみましたが、不慣れなのもあり20mmを使うというのはなかなかに大変でしたね。以前よりはなんとなくましな写真が撮れるようになった気もするのでこのレンズも画角に飽きるまで遊んでいきたいと思います。

 

この散歩写真はまだ何枚かあるので可能な限り消化していきたいと思います。

 

以上。